銀座カラーは痛い施術という噂は本当?はい、本当です!

脱毛サロンの施術は痛いです。
それなら全身脱毛なんてどんなことになるの?と思うところですが、痛い部位はだいたい決まっています。
それはvioのデリケート、皮膚の薄い脇、意外な足などです。
脇やVIO脱毛は、皮膚も薄く、黒ずみもある場合が多いです。
銀座カラーの肌に優しいIPL脱毛にしても、しっかりと反応してしまいます。
毛も太く黒いですから、照射も多くしなければならないことであり、痛みとしては、ゴムで弾かれる程度の痛さは感じられるようです。

Vライン脱毛だけでも痛いのですが、これは仕方のないことです。
中には全く痛くない方もいますが、個人の感じ方の違いであり、光脱毛は痛いものと思っていたほうが良いでしょう。

ただ、我慢ができないというのではありません。
レーザー脱毛の場合、激しく冷却しながら行わないと激痛と言われていますが、IPL脱毛はそんなことはありません。

銀座カラーの公式サイトにも痛みの少ない脱毛という表現をしています。
レーザー脱毛を経験された方なら、全く痛くないと言う方も少なくないです。

光脱毛の中では、痛くないと言える脱毛方法もありますが、その場合脱毛ではなく、抑毛効果で、脱毛効果は弱いです。
痛みと比例すると言われる脱毛効果を考えると、銀座カラーの痛い施術も効果がある証拠と言えるでしょう。

生理の時には、銀座カラーでは施術はしません。
これは痛みと関係していて、生理の時は痛みを強く感じやすいのです。
生理でも施術をする脱毛サロンはありますが、銀座カラーでは禁止です。

黒いものに反応するということですと、黒ずみ部分の痛みも強いです。
体内でアザなど薄い色であっても黒いとその部位には痛みを感じます。
しかし、それも痛いっと瞬間的に思うだけで、その後肌に影響があるわけではないので、さほど心配はいりません。
銀座カラーは絶対に痛くない施術というのは思わないほうが良いと言いたいですね。

ゴムを弾いた程度の痛みと表現されることが多いですが、実際にやってみるとなかなか痛いですよね。
それがVIO部位などですと、ビクッとします。
施術時間そのものは数分ですから、我慢できる範囲内、そんな気持ちが銀座カラーの施術を受ける時に必要なことでしょうね。

そして、銀座カラーの痛みは、他の脱毛サロンと比較をすると痛くない方というのは口コミや経験者の口から語られています。
無痛ではなく、少しだけ痛い施術をするのが銀座カラー、痛みに関しては、ここまで断言したいです。